メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

静岡選挙区 自民、公認候補2人目擁立せず /静岡

二階俊博幹事長との会談後に取材に応じる上川陽子・県連会長(右)と竹内良訓・県連幹事長(左)=自民党本部で

 夏の参院選静岡選挙区(改選数2)を巡り、自民党県連会長の上川陽子衆院議員ら県連幹部は6日、東京都内の党本部で二階俊博幹事長と会談した。会談後の取材に上川会長は「県議、国会議員、一致団結して(自民党公認で立候補予定の牧野京夫氏)一本で取り組みたいと申し上げ、(二階幹事長に)理解をいただいた」と語り、2人目の党公認候補は擁立しないと明言した。【山田英之、古川幸奈】

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 「お試し100円」で定期購入契約 「財宝」に是正指示

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです