メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホタル

光の舞、鑑賞準備着々 市内各地で住民ら川の清掃 名張 /三重

ホタルが舞う小川=三重県名張市内で、衛藤達生撮影

 美しい光を放つホタルの鑑賞会が6月、名張市内の各地で開かれる。この時期に観察できるのはゲンジボタルで、住宅街の近くで見られる場所もあり、市民らがホタルが生息する川の自然環境保護などに関わり、鑑賞会の参加者を迎える準備を進めている。【久木田照子】

9日・吉岡さん、ホタル生態や観察コツ伝授

 百合が丘市民センター(同市百合が丘西5)では9日午後7時半から、ホタルの催しを開く。同市でホタルの生息環境の保護に取り組む吉岡正夫さん(67)がホタルの生態や観察のコツを解説し、同センター近くの釜石川でホタルを見る。問い合わせは百合が丘市民センター(0595・64・646…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  2. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  3. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  4. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです