日越人材戦略シンポジウム

「外国人労働者は“人財”」 共生への取り組み語る 150人参加 堺 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 就労や留学で訪日するベトナム人が急増するなか、在留資格制度や外国人材育成について話し合う「日越人材戦略シンポジウム~共生社会への取り組みと未来」(在日ベトナム人協会主催、在大阪ベトナム総領事館など共催、毎日新聞社など後援)が6日、堺市堺区市之町東4の同総領事館で開かれた。

 関係機関や民間から約150人が参加。ブ・トアン・ハイ総領事が「関係者の力で重要課題の人材協力が強化され、日越パートナーシップが発展することを…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

あわせて読みたい

注目の特集