メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個展

モトコー拠点の美術家・宮崎さん、9年ぶり あすから、長田 /兵庫

段ボールに山や雲を描き、新聞紙を切り貼りして神戸のまちを表現した作品と宮崎みよしさん=神戸市中央区で、木田智佳子撮影

 神戸市中央区の元町高架通商店街(通称・モトコー)でカフェと芸術活動空間「プラネットEartH(アース)」を運営する美術家、宮崎みよしさん(73)による9年ぶりの個展「風景を紡ぐ」が8日、同市長田区二葉町2の「city gallery(シティギャラリー)2320」で始まる。23日まで。

 宮崎さんは金沢美術工芸大学で彫刻を学んだ後、2000年に故郷の神戸で現代美術を中心とした文化芸術の振興を目指すNPO法人「リ・フォープ」を設立。プラネットアースを拠点に美術展やまちづくりの…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  5. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです