メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個展

モトコー拠点の美術家・宮崎さん、9年ぶり あすから、長田 /兵庫

段ボールに山や雲を描き、新聞紙を切り貼りして神戸のまちを表現した作品と宮崎みよしさん=神戸市中央区で、木田智佳子撮影

 神戸市中央区の元町高架通商店街(通称・モトコー)でカフェと芸術活動空間「プラネットEartH(アース)」を運営する美術家、宮崎みよしさん(73)による9年ぶりの個展「風景を紡ぐ」が8日、同市長田区二葉町2の「city gallery(シティギャラリー)2320」で始まる。23日まで。

 宮崎さんは金沢美術工芸大学で彫刻を学んだ後、2000年に故郷の神戸で現代美術を中心とした文化芸術の振興を目指すNPO法人「リ・フォープ」を設立。プラネットアースを拠点に美術展やまちづくりの…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです