メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ハイボール

宝塚の夜はハイボール 「ご当地」誕生、新たな名物に 味も見た目も上品 /兵庫

宝塚にこだわった「宝塚ハイボール」=兵庫県宝塚市梅野町の宝塚ホテルで、土居和弘撮影

発祥の炭酸水やスミレ、バラの香り

 宝塚のご当地ハイボール、その名も「宝塚ハイボール」が好評だ。この地が発祥の炭酸水や、スミレ、バラの香りがするリキュールを使って宝塚にこだわった。4月にお目見えし、現在、宝塚市内の2ホテルなどで飲むことができる。今月、市内で開かれる「宝塚バル」では約30店が提供する。このハイボールを発案した宝塚市国際観光協会は今後も、提供店を増やしたい考えで、「宝塚の新たな名物として広まれば」と期待する。【土居和弘】

 近年、売り上げが急増する炭酸水「ウィルキンソン タンサン」は、英国人、ジョン・クリフォード・ウィルキンソンが1889(明治22)年、宝塚の武庫川沿いで優良な炭酸鉱泉を見つけたことから誕生。昭和・戦前期までは東南アジアなど海外にも輸出された。1983年からはアサヒ飲料(本社・東京都)が製造販売している。

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1236文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 感染者と一緒に行動の中国人団体、成田・関空便に搭乗自粛し帰国

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです