メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

梅の日

日本一産地の繁栄誓う みなべの全小中学校、梅干しおにぎりに舌鼓/JA紀南組合長や梅娘、東京で高品質PR /和歌山

給食の時間に梅干し入りおにぎりを食べる児童たち=和歌山県みなべ町谷口の町立上南部小で、山本芳博撮影

 6日は「梅の日」。南高梅の収穫と出荷が最盛期を迎える中、梅に感謝する神事や令和の県産梅をアピールする催しが県内外であり、関係者らは日本一の梅産地の繁栄を誓った。学校給食では梅干しや梅を使った食品を味わうなど、地域を支える産業の大切さを学んだ。

 梅の日は、室町時代の1545年4月17日(太陽暦で6月6日)、京都・賀茂神社の例祭で梅が奉納された故事にちなみ、紀南地方の自治体や生産者らで作る「紀州梅の会」(会長、真砂充敏・田辺市長)が2006年に制定した。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文814文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  5. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです