メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防疫研修会

家畜伝染病を防疫 都城で市職員に /宮崎

 家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)や高病原性鳥インフルエンザの発生に備えるため、宮崎県都城市は、市職員対象の防疫研修会を市中央公民館で開いた。約100人が病状の特徴や防疫方法の手順を確認した。

 宮崎県では2010年に口蹄疫が発生。都城市の牛約240頭を含め、家畜計約30万頭が殺処分された。市は教訓…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文309文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです