メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

大英博物館がしでかした途方もない文化財破壊として知られるのが…

[PR]

 大英博物館がしでかした途方(とほう)もない文化財破壊として知られるのが、エルギン・マーブル洗浄事件である。そう、ギリシャ政府が英国に返還要求を突きつけているパルテノン神殿の大理石彫刻群の話である▲1930年代、これらを見ばえよくしようと、金属たわしと研磨剤で白くぴかぴかに磨いてしまったのだ。これら彫刻はもともと彩色がほどこされていたのだが、色の残っていた部分も化学的な分析のできる痕跡(こんせき)もみな削り取られた▲事件の背景には「ギリシャ彫刻は白でなければ」という西欧近代の美意識があったといわれる。過去の文化や生活を時を超えて伝える文化財を、今の価値観や都合で破壊することの罪深さはいくら強調してもしすぎることはあるまい▲こちらは「Wの悲劇」と呼ばれていたそうな。岩手県立博物館の学芸員が出土した金属製の文化財約200点から所有者に無断でサンプルを切り取っていたという小紙の特報である。「W」は切り取った跡の形で、幅約1センチもあった▲うち約30点はすでに5年前に発覚したが、文書訓告処分があっただけで追加調査は行われずじまいだった。当の学芸員は記者会見で謝罪し、切り取りは「保存処理のため」と語ったが、文化財を預けた自治体には何の報告もなかった▲学芸員は金属製文化財の専門家で、自らの権威をたてに恣意(しい)的なサンプル採取をしていたらしい。文化財は過去のご先祖や未来の子孫から今の世代に託された預かり物である。私(わたくし)できる権威などこの世にない。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  3. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです