メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

英「ポスト・メイ」争い本格化 ジョンソン氏独走 「合意なき離脱」代表格

 英国のメイ首相が7日、与党・保守党の党首を辞任し、後継首相を選ぶ次期党首選が10日に正式にスタートする。次期首相にとって最大の課題はメイ氏がまとめきれなかった欧州連合(EU)からの離脱。11人が党首選への出馬意向を表明しているが、下馬評では、経済や市民生活の混乱が予測される「合意なき離脱」も辞さない離脱強硬派のジョンソン前外相がトップをひた走っている。【ロンドン服部正法】

 「我々は(党の)存続の危機に直面しており、(離脱期限の)10月31日までに離脱を実現しなければ(有…

この記事は有料記事です。

残り2053文字(全文2291文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです