メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

「高プロ」なぜ増えない? 労使で細かい取り決め、企業側が二の足=回答・矢澤秀範

 なるほドリ この前、「『高(こう)プロ』が適用(てきよう)された人は全国でまだ1人」という記事を読んだけど、高プロって何だっけ?

 記者 正式名は「高度プロフェッショナル制度」。簡単に言うと、専門職(せんもんしょく)の人に労働(ろうどう)時間の規制(きせい)を受けず働いてもらう制度です。労働基準法は、働く時間を「1日8時間、週40時間」と定めていて、それを超(こ)えたら割増賃金(わりましちんぎん)が出ることになっています。ですが高プロで働く人は、勤務(きんむ)が長くても短くても賃金は変わりません。専門性の高い5業種(ぎょうしゅ)で年収1075万円以上の所得(しょとく)がある人に限り適用されます。

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです