メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

「高プロ」なぜ増えない? 労使で細かい取り決め、企業側が二の足=回答・矢澤秀範

 なるほドリ この前、「『高(こう)プロ』が適用(てきよう)された人は全国でまだ1人」という記事を読んだけど、高プロって何だっけ?

 記者 正式名は「高度プロフェッショナル制度」。簡単に言うと、専門職(せんもんしょく)の人に労働(ろうどう)時間の規制(きせい)を受けず働いてもらう制度です。労働基準法は、働く時間を「1日8時間、週40時間」と定めていて、それを超(こ)えたら割増賃金(わりましちんぎん)が出ることになっています。ですが高プロで働く人は、勤務(きんむ)が長くても短くても賃金は変わりません。専門性の高い5業種(ぎょうしゅ)で年収1075万円以上の所得(しょとく)がある人に限り適用されます。

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  5. 元幕内・潮丸 東関親方が死去 41歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです