メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

恩赦を考える

 天皇陛下の即位に伴う10月の「即位礼正殿の儀」に合わせ、政府が恩赦を検討している。皇室の慶弔事に伴う恩赦は1993年6月の天皇、皇后両陛下のご結婚以来。この時には1300人近くが対象になった。政治的思惑の反映との批判がある一方、罪を犯した人の更生など存在意義も指摘される。制度のありようをどう考えるべきか。

この記事は有料記事です。

残り4348文字(全文4502文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に
  5. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです