メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

恩赦を考える

 天皇陛下の即位に伴う10月の「即位礼正殿の儀」に合わせ、政府が恩赦を検討している。皇室の慶弔事に伴う恩赦は1993年6月の天皇、皇后両陛下のご結婚以来。この時には1300人近くが対象になった。政治的思惑の反映との批判がある一方、罪を犯した人の更生など存在意義も指摘される。制度のありようをどう考えるべきか。

この記事は有料記事です。

残り4348文字(全文4502文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 仙台ドン・キホーテに爆破予告 一時営業休止、買い物客ら避難 不審物見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです