メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駐日イラン大使

対米「日本が警鐘を」 トップ会談前に期待

ラフマーニ駐日イラン大使=東京都港区で2019年6月6日、佐々木順一撮影

 安倍晋三首相が今月12日からイランを訪問するのを前に、モルテザ・ラフマーニ駐日イラン大使(59)が6日、東京都内で毎日新聞の取材に応じた。核開発を制限する核合意から離脱し、イランに経済制裁などの圧力を強める米国に対し、同盟国の日本から「現在の行動はペルシャ湾岸地域の更なる緊張を生み出すと警告してほしい」と述べ、緊張緩和に向けた日本の役割への期待感を示した。

 ラフマーニ氏は「双方と友好関係にある日本が緊張緩和のために中立公正な立場で関与しようとする姿勢を歓迎している」と述べたうえで、米国の経済制裁を「経済力を利用してイラン国民の生活や健康を標的に『経済テロ』を課し、諸外国にも圧力をかけている」と非難した。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  3. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです