メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シマフクロウ

知床で足環 絶滅危惧種、北方領土へ飛行 初確認

北方領土・国後島のクリリスキー自然保護区で確認されたシマフクロウ。足にリングが着いている=北方領土・国後島で2019年6月1日(山本純郎さん提供)

 北方領土・国後島北部のクリリスキー自然保護区で、北海道・知床で足環(あしわ)を着けられたシマフクロウ1羽が確認されたことが判明した。同保護区から、環境省のシマフクロウ分科会委員で野鳥研究家の山本純郎さんに届いたメールに写真が添付されていた。シマフクロウが根室海峡を越え、北方領土に渡ったことが確認されたのは初めて。

 山本さんに送られてきた写真には左脚に黄色いカラーリング、右脚に環境省の銀の足環が写っていた。同島北部の爺爺(ちゃちゃ)岳西側で撮影されたものという。知床半島にある羅臼(らうす)町から国後島までは根室海峡を挟んで最短約26キロ。黄色いリングの大半は羅臼町で着けられており、山本さんは「北海道で標識された個体で間違いない」と語る。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです