メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第2次新横田基地公害訴訟

2審も賠償命令

 米軍横田基地(東京都福生市など)を巡り、周辺住民約1000人が国に夜間・早朝の飛行差し止めや騒音被害への損害賠償を求めた訴訟で、東京高裁(中西茂裁判長)は6日、過去に受けた騒音被害を認定して総額約6億2000万円の支払いを国に命じた1審・東京地裁立川支部(2017年10月)を変更し、約7億6800万円を支払うよう命じた。飛行差し止めや将来分の賠償請求は1審に続いて、退けた。

 1審は、過去に受けた横田基地周辺の騒音被害について、各地の同種基地訴訟と同様、「うるささ指数(W値)75以上」の区域に住む原告に限って受忍限度を超える騒音被害を受けていたと判断した。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです