子宮頸がん

前段階で阻止 京大が投薬治験

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都大の研究チームは6日、子宮頸(けい)がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の増殖を抑える化合物を人に投与する臨床試験(治験)を始めたと発表した。既に動物実験では効果を確認しており、子宮頸がんの新たな予防薬開発が期待できるという。

 子宮頸がんは若い世代で患者が急増。国内では現在、年間約1万人が新たに診断され、約3000人が死亡している。病状が進行した場合は…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

あわせて読みたい

注目の特集