メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン

東京五輪選考 MGC、記録より勝負 暑さ、終盤の上り坂

 2020年東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月15日、東京)に出場する男子31人、女子12人が決まった。有力選手が一堂に会して五輪切符を争う国内では極めて珍しいサバイバルレースだ。コースは東京五輪とほぼ同じで、「本番」を見据えたテストも注目される。【新井隆一、小林悠太】

 日本陸上競技連盟はコースの特徴やレースのポイントを東京五輪に近づけて設定し、「模擬五輪」と位置づける。発着点こそ新国立競技場(建設中)ではなく明治神宮外苑周辺だが、共通点は多い。

この記事は有料記事です。

残り1748文字(全文1996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです