メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン

東京五輪選考 MGC、記録より勝負 暑さ、終盤の上り坂

 2020年東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月15日、東京)に出場する男子31人、女子12人が決まった。有力選手が一堂に会して五輪切符を争う国内では極めて珍しいサバイバルレースだ。コースは東京五輪とほぼ同じで、「本番」を見据えたテストも注目される。【新井隆一、小林悠太】

 日本陸上競技連盟はコースの特徴やレースのポイントを東京五輪に近づけて設定し、「模擬五輪」と位置づける。発着点こそ新国立競技場(建設中)ではなく明治神宮外苑周辺だが、共通点は多い。

この記事は有料記事です。

残り1748文字(全文1996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 中日・京田選手が急逝した後輩の「背番号6」 NTT西の試合観戦 都市対抗

  5. NTT西のベンチに背番号6のユニホーム 亡きチームメートに誓った勝利 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです