第90回都市対抗野球

2次予選 東京 明治安田生命・高瀬、意地の生還

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【明治安田生命-セガサミー】東京第4代表に決まり、マウンド上で喜ぶ明治安田生命の選手たち=滝川大貴撮影
【明治安田生命-セガサミー】東京第4代表に決まり、マウンド上で喜ぶ明治安田生命の選手たち=滝川大貴撮影

 (2次予選・6日)

 3夜連続の代表決定戦となった明治安田生命が最後の1枠に滑り込んだ。2日前、NTT東日本の大竹に無安打無得点試合を許した打線が奮起した。

 象徴的だったのが1点リードの三回の攻撃だ。2死一、二塁、4番・泉沢の左前打で二塁走者の新人・高瀬(明大)が一気に本塁を狙い、捕手のタッチをかいくぐって生還した。「ノーヒット・ノーランを食らい、ひるむわけにはいかなかった」…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

あわせて読みたい