メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜・新交通システム事故

逆走停止、仕組みなく 車両の回路断線

 横浜市磯子区の新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅で車両が逆走した事故で、自動列車運転装置(ATO)が指定した進行方向をモーターに伝達する車両側の回路の配線が断線し、逆走した可能性があることが判明した。逆走を始めた場合に停止させる仕組みはなく、運行会社は「バックアップシステムを作るべきだった」としている。

 事故は1日夜、新杉田駅発並木中央駅行きの車両(5両編成)が逆走し、新杉田駅の車止めに衝突して14人…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  4. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  5. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです