メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・公立福生病院

透析中止死亡 「患者に希望を」 衆院内で集会

 公立福生病院の人工透析治療を巡る問題について考える集会が6日、東京都千代田区の衆院議員会館であった。医療関係者や患者ら約100人が集まり、「患者の自己決定権が正しく使われていないのではないか」という意見が相次いだ。

 治療中止を選んで亡くなった女性(当時44歳)の遺族の代理人を務める冠木(かぶき)克彦弁護士が治療現場の…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  4. 不適格公務員 パトロール拒否の警官を分限免職 大阪府警
  5. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです