メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
LookWESTけいざい

新発想で「第二の創業」 成長導く後継ぎ

心拍などの生体情報を取得でき、胸についた発信器でデータを送れるウエアラブル端末「hamon」と、端末について説明するミツフジの三寺歩社長=東京都千代田区のオフィスで、釣田祐喜撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 世代交代によって、家業に新しい発想を取り込んだり、変化を加えたりして、成長する企業がある。事業を引き継いだ「後継ぎ」が、新しい風を吹き込むことで苦難も乗り越え、第二の創業を果たしている。

 スマートフォンの画面にグラフが表れ、ストレスの大きさや眠気の強さが示された。何の変哲もない黒色のシャツが、着た人の心拍などの生体情報をスマホに送り、分析され視覚化される。「hamon」ブランドで売られるこのシャツは、繊維メーカー「ミツフジ」(京都府精華町)製。同社の東京のオフィスには、商談に訪れる企業関係者が後を絶たない。シャツは、3代目社長の三寺歩さん(42)の苦しみの産物だ。

 三寺さんは大手電機メーカーや外資系IT企業を経て、2014年に家業を継いだ。同社は1956年、西陣…

この記事は有料記事です。

残り1938文字(全文2297文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 後輩球児の全力プレーに「熱男」も声援 中京学院大中京OBのソフトバンク松田

  4. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです