プロ野球

セ・パ交流戦 ソフトバンク6-4中日 グラシアル大好き

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ソフトバンクが競り勝ち、3連勝。同点の八回にグラシアルが勝ち越しの中前2点適時打。8回4失点の大竹が3勝目。中日は八回に武山のソロで一度は追いついたが、勝ち越せず、今季初の5連敗で今季最多の借金9。

逃さぬ好機

 まさにクラッチヒッターだ。ソフトバンクのグラシアルが八回に決勝打。直前に追いつかれた嫌な展開からチームを勝利、そして首位タイ浮上に導き、ヒーローインタビューでは「貢献できてうれしい。福岡大好き」と恒例のフレーズでスタンドを盛り上げた。

 1点リードの八回、先発・大竹が伏兵の武山に今季1号ソロを許し、同点。その直後、2死から連打で一、二塁となって打席に。重盗が決まって一塁が空き、カウントも3ボール1ストライクに。次打者は途中出場の九鬼と勝負を避けられそうな場面だったが、ロドリゲスはストライクを取ってきた。フルカウントから甘く入ってきた直球をはじき返し、2点を勝ち越した。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文769文字)

あわせて読みたい

注目の特集