メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ECB理事会が利上げ先送り 景気の減速懸念、今後は利下げの可能性も

ユーロのモニュメントが設置されているECB本部=ドイツ・フランクフルトで、三沢耕平撮影

 欧州中央銀行(ECB)は6日、リトアニアの首都ビリニュスで定例理事会を開き、利上げを開始するタイミングを2020年後半以降に先送りすることを決めた。世界的な貿易摩擦を背景に、景気減速の懸念が急速に強まっていることを踏まえた措置で、利下げを示唆した米連邦準備制度理事会(FRB)に続き、金融政策の正常化が遠のいてきた。

 ECBは昨年12月、国債などを購入して市場に大量のお金を流し込む量的緩和策の終了を決めた。今年3月…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです