メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LookWESTけいざい

後継ぎが、傾いた企業を「第二の創業」 家業生かし発想転換で立て直し

シャツとして着れば、心拍などの生体情報を取得でき、胸についた発信器でデータを送れるウエアラブル端末「hamon」と、端末について説明するミツフジの三寺歩社長=東京都千代田区のオフィスで2019年5月20日、釣田祐喜撮影

 世代交代によって、家業に新しい発想を取り込んだり、変化を加えたりして、成長する企業がある。事業を引き継いだ「後継ぎ」が、新しい風を吹き込むことで苦難も乗り越え、第二の創業を果たしている。

 スマートフォンの画面にグラフが表れ、ストレスの大きさや眠気の強さが示された。何の変哲もない黒色のシャツが、着た人の心拍などの生体情報をスマホに送り、分析され視覚化される。「hamon」ブランドで売られるこのシャツは、繊維メーカー「ミツフジ」(京都府精華町)製。同社の東京のオフィスには、商談に訪れる企業関係者が後を絶たない。シャツは、3代目社長の三寺歩さん(42)の苦しみの産物だ。

 三寺さんは大手電機メーカーや外資系IT企業を経て、2014年に家業を継いだ。同社は1956年、西陣織の帯工場として創業。父で2代目の康廣さん(71)の代には布団に使うレースなども手掛けたが業績は低迷した。三寺さんが会社を手伝い始めても打開せず、事業資金として自腹で約2000万円を投じ、「底なし沼のような恐怖を覚えた」という。

この記事は有料記事です。

残り1856文字(全文2306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです