メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

料理配達「ウーバーイーツ」 店と客を仲介 急拡大の新サービスの光と影

スマホに配達依頼連絡が入り、専用アプリで店の場所を確認するウーバーイーツ配達員の根本貴祥さん=東京都渋谷区で2019年5月30日午後2時7分、今村茜撮影

 米配車大手のウーバー・テクノロジーズが手がける料理配達サービス「ウーバーイーツ」が日本に上陸して、まもなく3年。スマートフォンで気軽に利用できると人気で、一般の人が空き時間に配達を代行する新しい働き方としても注目されている。一方で、配達員は個人事業主扱いのため、条件面で立場が弱くなりがちとの批判も出ている。新サービスの光と影を探った。【山口朋辰、今村茜】

 「ピコンピコン」。5月下旬の平日昼、配達員の根本貴祥さん(40)=東京都世田谷区=のスマホから、近…

この記事は有料記事です。

残り2866文字(全文3095文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  5. 京アニ寄付、義援金として被害者・遺族へ配分 寄付の税制優遇も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです