メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ電動化計画5年前倒し 車載電池確保へ中国などの5社と協業

トヨタ自動車本社=愛知県豊田市本町で、本社ヘリから兵藤公治撮影

 トヨタ自動車は7日、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)など電動車の世界販売台数に占める割合を半分にする目標について、従来の2030年から25年に5年前倒しで達成できるとの見通しを明らかにした。電動車の販売拡大に必要な車載用電池の確保に向け、世界最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)など5社と新たに協業する方針も発表。世界各国で進む環境規制の強化とEVシフトに対応する。

 トヨタはこれまで、30年にEVと燃料電池車(FCV)で年間100万台以上、HVとプラグインハイブリ…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです