メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「墜落のF35、不明の操縦士は死亡」と判断 岩屋防衛相

航空自衛隊三沢基地所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落した海域付近を捜索する米軍の航空機(手前)と海上保安庁の船舶=青森県沖で2019年4月10日午前9時46分、本社機「希望」から玉城達郎撮影

 航空自衛隊三沢基地(青森県)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが同県沖の太平洋に墜落した事故で、岩屋毅防衛相は7日の記者会見で、行方不明となっていた操縦士について死亡と判断したことを明らかにした。遺体の一部が現場周辺の海域で見つかり、本人のものと確認された。岩屋氏は「優秀なパイロットを失ったことは…

この記事は有料記事です。

残り57文字(全文207文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです