メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪市で広範なシステム障害 印鑑証明、住民票など発行できず 原因不明で、復旧のめど立たず

システムで処理する業務ができず、来訪者に頭を下げる市職員=大阪市中央区役所で2019年6月7日午後5時48分、小出洋平撮影

 7日午後0時半ごろ、大阪市の住民基本台帳などのデータ印刷を担うシステムに障害が発生した。午後3時現在も全24区役所などで、印鑑証明や課税証明、住民票など各種証明書が発行できなくなっている。原因は不明で、復旧のめども立っていない。

 区役所などから「印刷ができない」と連絡を受けたICT戦略室が調べたところ、住民基本台帳▽税務事務▽国民健康保険▽介護保険――などの情報を印刷する「統合基盤システム」に障害が見つかった。区役所のほか、市税事務所やサービスカウンターでも各種証明書の発行を停止している。【矢追健介】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです