メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1型糖尿病訴訟 全員再提訴へ 障害年金不支給「認められない」

 幼少期に発症することが多い「1型糖尿病」の患者に対し、国が障害基礎年金の支給を理由を明示せずに打ち切ったのは違法とした大阪地裁判決(今年4月)を巡り、元原告の9人全員が来月、不支給処分の取り消しを求めて同地裁に再度提訴する。国側は控訴せず判決は確定したが、間もなく、支給を再開しないと通知した。患者側は「今回の説明も不十分で、また不支給とするのは認められない」と反発。勝訴判決の直後に再提訴する異例の展開となる。

 訴えるのは、大阪や奈良などに住む27~50歳の男女。いずれも未成年で発症し、日常生活に著しい制限を受ける障害等級2級に当たると成人後に認定され、年間約80万~100万円を受給していた。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  5. 「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです