中国・四国の大雨初の「レベル4」 避難は広島市で0.1%にとどまる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
小学校に開設された避難所に逃れた母子=広島市中区で2019年6月7日午前7時58分、手呂内朱梨撮影
小学校に開設された避難所に逃れた母子=広島市中区で2019年6月7日午前7時58分、手呂内朱梨撮影

 西日本は7日、前線を伴った低気圧が通過した影響で所によって激しい雨が降り、広島、山口、島根の3県の一部に土砂災害警戒情報が出され、広島、山口、愛媛の3県の計7市町で避難勧告が発令された。土砂災害警戒情報、避難勧告とも、国が昨年7月の西日本豪雨の教訓を受けて先月運用を始めた5段階の防災気象情報のうち、上から2番目の「警戒レベル4」に当たり、出されたのは初めて。

 広島県では広島市と海田、坂両町の一部と、熊野町の全域に住む全員に避難を勧告する「警戒レベル4(全員避難)」が出され、一時は9万8224世帯の22万4036人が対象となった。最大20万1015人が対象になった広島市では小中学校など109カ所に避難所が開設されたが、避難したのは計228人(約0・1%)にとどまった。中区の市立江波小に避難した村上治義さん(65)は「1人暮らしで不安だったが、5段階で知…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文521文字)

あわせて読みたい

ニュース特集