メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「最初の裁判は何だったんだ」1型糖尿病訴訟 患者ら国の対応批判

障害基礎年金を不支給とする厚生労働省の通知書=大阪市内で2019年6月7日午後2時36分、茶谷亮撮影

 「最初の裁判は何だったのか」。1型糖尿病の患者らに障害基礎年金の支給を打ち切った国の処分を違法とする判決が確定した直後、国は改めて不支給を通知した。患者らは再び提訴に踏み切るが、弁護団は「時間的にも金銭的にも、大きな負担をまた強いられる」と批判する。

 1型糖尿病は、幼少期に発症することが多く、国内の患者は推計10万~14万人。専門医によると、根本的な治療法はなく、急激に症状が改善することも考えにくいという。

 原告となる患者9人は未成年で発症し、成人してから最長16年にわたって年金を受給してきた。数年ごとに…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 紅葉と国宝、くっきりと ライトアップ、もうすぐ見ごろ 大津・石山寺 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです