メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「最初の裁判は何だったんだ」1型糖尿病訴訟 患者ら国の対応批判

障害基礎年金を不支給とする厚生労働省の通知書=大阪市内で2019年6月7日午後2時36分、茶谷亮撮影

 「最初の裁判は何だったのか」。1型糖尿病の患者らに障害基礎年金の支給を打ち切った国の処分を違法とする判決が確定した直後、国は改めて不支給を通知した。患者らは再び提訴に踏み切るが、弁護団は「時間的にも金銭的にも、大きな負担をまた強いられる」と批判する。

 1型糖尿病は、幼少期に発症することが多く、国内の患者は推計10万~14万人。専門医によると、根本的な治療法はなく、急激に症状が改善することも考えにくいという。

 原告となる患者9人は未成年で発症し、成人してから最長16年にわたって年金を受給してきた。数年ごとに更新して受給が認められてきたが突然、集団で支給を止められた。弁護団は「症状が変わっていないのに打ち切るのは、社会保障費の抑制が目的だったのではないか」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 慶大野球部員を逮捕 持続化給付金100万円詐取の疑い 島根県警

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 特集ワイド 二階派で活動2年、自民入り目指す細野豪志氏 批判されても私は違う道 安保政策は一致、人間関係には苦慮

  5. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです