メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2歳娘「ママーおちるー」病院ベッドで泣き叫んだ 大津園児死傷事故1カ月

現場の交差点(奥)付近に設置された献花台。事故から1カ月が過ぎた9日に撤去されるという=大津市大萱6で2019年6月7日午後3時19分、菅健吾撮影

 大津市大萱(おおがや)6の滋賀県道交差点で5月、車同士が衝突し、散歩中の園児ら16人が死傷した事故で、右足の骨を折るなど重傷を負った女児(2)の母親の山下遥(はるか)さん(26)=同市=が弁護士を通じて毎日新聞の取材に文書で回答を寄せた。女児はまだショックが癒えず、母親は「幼い命は大人たちが守らなければならない」として、交差点に安全な待機スペースを設置するよう訴えている。事故は8日で発生から1カ月となる。

 文書によると、事故当時、山下さんはパートの職場で会議中だった。携帯電話に保育園から着信が何件もあり、親族らからも連絡があったため、保育園に連絡して事故を知った。頭の中が真っ白になり、上司に事情を説明する時、泣き崩れてしまったという。

この記事は有料記事です。

残り995文字(全文1317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです