メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旭化成陸上部 新戦力で黄金期再来 宗猛さん「新人は起爆剤に」

ニューイヤー駅伝3連覇を果たし、選手たちから胴上げされる宗猛総監督=群馬県で2019年1月1日午後2時7分、玉城達郎撮影

 宮崎県延岡市を拠点に活動する旭化成陸上部は、今年度で創部73年目を迎えた。3連覇中の全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)では歴代最多の24回の優勝を誇り、五輪でも多くの代表選手を輩出。地域の声援を受け戦っている。なぜ「長距離王国」とも呼ばれる強豪を築くことができたのか。宗猛総監督(66)ら関係者の話を紹介しつつ、その秘密を探った。

 ――全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)2度の6連覇など輝かしい成績を残す旭化成だった…

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1375文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです