メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

世帯数 単身増で世帯モデルの転換迫られる

薬をちゃんと飲めているかをひとり暮らしの恒例女性(右)に尋ねる看護師=茨城県土浦市で

40年までの都道府県別の推計 社人研公表

 国立社会保障・人口問題研究所が4月19日に2040年までの都道府県別世帯数の推計結果を公表した。その推計からは国内で少子高齢化が加速していることを改めて印象付け、40年の東京は2軒に1軒がひとり暮らしというゆがんだ世帯構造になることを浮き彫りにした。

 推計によれば、40年には全世帯に占める単身世帯の割合が全都道府県で30%を超える。特に、北海道、東京、神奈川、京都、大阪、福岡など8都道府県では40%台に達し、全国平均は39.3%に上る。最も高い東京は48.1%と半数近くを占める。前回推計(14年)よりも単身世帯数の伸びは加速しており、戦後日本がモデルにしてきた「夫婦と1~2人の子ども」という世帯モデルからの転換が迫られそうだ。

 推計は1966年から原則5年ごとに公表され、推計期間を5年ずつ延ばしてきた。今回は8回目で15年の…

この記事は有料記事です。

残り2226文字(全文2614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです