メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

次世代通信規格 5G巡り米中が主導権争い

米ラスベガスで開かれた家電IT見本市「CES」でも5G関連の展示が注目されていた=1月8日

安全保障絡み長期化の様相 影薄い日本勢の復活は?

 携帯電話の次世代規格である5Gは、主導権争いが米国と中国の間で続いている。安全保障にもかかわると位置付けられているだけに、コストと技術力という経済性だけでは決着が付けられなくなっている。一方、G4までは技術的にもリードしてきたNTTやルーセント、アルカテルといった日米欧の通信事業者の存在感は希薄だ。

 通信では、同じ仕組みにしないと相互の通信が成り立たない。新しい技術を導入する際もそれが優先される。…

この記事は有料記事です。

残り2340文字(全文2565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  4. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです