メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・視点

元長岡大学教授 岡野宏昭

岡野宏昭氏

地方を救う新しいパラダイム 「ゆたかさ」とは時間を楽しむこと

 「増田リポート(日本創生会議)」によると、2040年までに、全約1800市町村のうち約半数が消滅可能性の危機にあるといわれています。地方は疲弊し、消滅の危機に瀕しているわけです。

 イタリアでは一番できがいい若者が地方に残り、二番目にできがいい若者がローマに出るといいます。それはゆたかな生活をしたければ、地方に残った方がいいからです。金をもうけたければ、ローマに行けというわけです。イタリアでは、金がゆたかさの指標にはなっていません。

 では日本でも一番できのいい若者が地方に残るのでしょうか。そうではありません。できのいい若者が東京に…

この記事は有料記事です。

残り2478文字(全文2776文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番で警官刺され拳銃奪われる 男が逃走 大阪・吹田市
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 暴言 女性教諭、児童に「ぶち殺す」 「アホ」「バカ」も
  4. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に
  5. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです