メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・特集

大認知症時代 問われる「地域とともに」の具体策

「認知症カフェ」でボランティアのフラダンスを楽しむ人たち=東京都千代田区のジロール麹町「きのこカフェ」で4月15日

 史上例を見ない超高齢化社会に突き進む日本。2025年には、「団塊の世代」(1947~49)が75歳以上となり、65歳以上の高齢者は総人口の10人に3人となる。12年に約462万人だった認知症の人は700万人に上るという試算もある。「大認知症時代」の到来だ。政府は5月16日、70代人口に占める認知症の人の割合を10年で約1割減らすことなどを目標に「予防」を重視した対策大綱案を示した。キーワードは「地域」。大認知症時代を迎える今、地域でともに生きるための施策をどう具体化するかが問われている。

 今年4月初め、毎日新聞朝刊の東京都内版に小さな事件記事が載った。

この記事は有料記事です。

残り5088文字(全文5368文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです