メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

柔術家/湯浅麗歌子 “寝技最強女子”の異名を持つ28歳に密着 海外セレブも注目の「ブラジリアン柔術」って?

<プロフィル>湯浅麗歌子(ゆあさ・りかこ) 1991年、埼玉県生まれ。高校生のときにブラジリアン柔術と出会い、日本人初の世界柔術選手権優勝者である佐々幸範に弟子入りする。2015年から2018年にかけて世界柔術選手権(通称ムンジアル)黒帯部門で日本人初となる4連覇、並びに2階級(ルースター級、ライトフェザー級)制覇。格闘家の桜庭和志が立ち上げた柔術家やレスラーが寝技を競う団体戦「QUINTET」に今年から参戦し活躍の場を広げている。取材ディレクターいわく「どんな質問にもスラスラと自分の言葉で答えてくれるとても頭の回転が速い女性」。好きなものは初音ミクとあんこで、「女子力高め」という28歳。

[PR]

 日本の柔道がブラジルで形を変えて発展した「ブラジリアン柔術」。締め技や関節技が中心で打撃技はなく、元々体格や力で劣る相手にも勝てるよう考案されたため護身用としての要素も強い格闘技の一種だが、日本を代表する選手である湯浅麗歌子がドキュメンタリー番組「情熱大陸」MBS製作著作/TBS系全国ネット、6月9日午後11時~11時半)に登場する。

 ブラジリアン柔術は、体幹を鍛えるため美しいボディラインを作り出せるとして海外セレブの間で流行し、ルールが複雑でチェスのような戦略性も求められることから、欧米では知的生涯スポーツとしても根強い人気がある。

 日本を代表するブラジリアン柔術家である湯浅がこの格闘技に出合ったのは高校生の時だった。偶然、ダイエット目的で通ったジムでブラジリアン柔術にであい、メキメキと頭角を現わした湯浅は2015~18年にかけて世界柔術選手権で日本人初となる4連覇、ならびに2階級制覇という快挙を成し遂げた。身長155センチと小柄ながら、自分より20キロ以上体重がある選手を次々と仕留め、国内外で獲得したタイトルは数知れず……今や「寝技世界最強女子」という異名を持つ28歳だ。

 番組では、一般的な成人女性の平均摂取カロリーの約半分、1日1000キロカロリーという超減量生活で仕上げていく彼女の肉体美や、男性選手を相手に過酷なスパーリングを続ける合宿。そして、世界62カ国から2600人が参加する今年の世界選手権でアジア人初の5連覇に挑んだ姿を追った。

 力だけでなく主に頭を働かせて相手選手を仕留めていくブラジリアン柔術の知られざる魅力もたっぷりとお伝えする。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです