メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

富士山噴火へ備え

富士山の噴火を想定して備蓄が始まった緊急対策用のコンクリートブロック。1個が3トンあり、高さは約170センチ、横幅は約170センチ。噴火時に無人機で移設して減災に役立てる=静岡県富士宮市で5月

 「雪のふり下るがごとくなるをよく見るに、白灰の下れる也。(中略)黒灰下る事やまずして、(中略)世の人咳嗽(がいそう)をうれへずといふものあらず」。1707年12月に発生した富士山の宝永噴火。100キロ離れた江戸で降灰と咳に苦しむ人たちの様子を儒学者の新井白石は自著「折たく柴の記」でこう記した。

 再び宝永噴火と同規模噴火が発生した場合、被害想定額は2兆5000億円との試算もある。2014年の御嶽山噴火を機に、手探りながらも進む富士山噴火への備えを取材した。

 国交省、富士砂防事務所では昨年度、初めて噴火対策の予算を確保し、静岡県富士宮市などにコンクリートブ…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文854文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです