メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
楽庫・アーティスト

松居慶子 無我が導く豊潤な響き

 

 <楽庫(らっこ)>

 米カリフォルニアにワインで有名なナパバレーという地区がある。セント・ヘレナ、ラザフォード、オークビルと、銘醸ぶどう畑の谷間を北から下ってナパの市街地に入る。と、日本でも有名なライブハウス、ブルーノートのナパ店がある。4月26、27の両日、松居慶子は、そこで演奏した。同店サイトのアーティスト紹介欄で、松居はピアニスト、作曲家に加え、ヒューマニタリアン(人道主義者、博愛主義者)という肩書が添えられていた。同じ欄に載っているシーナ・イーストンもロイ・エアーズにも、そんな抽象的な肩書はない。まさにそこが、松居慶子が特別な存在である証拠であろう。

 松居は、全米デビュー32年のキャリアを誇るコンテンポラリー・ジャズ・ピアニスト。2月に新アルバム「…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文1049文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです