メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

東京11R・エプソムC/阪神11R・マーメイドS (日曜競馬)

 【エプソムC】ミッキースワローは気性が成長して、狙い通りの調教メニューが組めるようになった。前走の新潟大賞典はトップハンデ57・5キロを背負いながら、後方から馬群を割って0秒1差2着。平たんコースとはいえ、上がり32秒9の切れ味を披露した。心身の充実している今なら、1ハロン短縮の1800メートル戦でも勝ち負けできるとみた。

 強敵はソーグリッタリング。六甲Sを鮮やかに差し切り、前走の都大路Sを1分44秒6の高速タイムで中団から突き抜けた。道悪は得意。馬場次第では逆転も十分ある。

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです