メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

納品式

LEDライトと備蓄食 盛岡・アイーナ /岩手

備蓄食キットを納品するかたつむりの利用者たち(左)=盛岡市盛岡駅西通のアイーナで

 盛岡市のいわて県民情報交流センター(アイーナ)で6日、防災備蓄品として購入した備蓄食キットとLEDライトの納品式があり、製造した大船渡市の障害者就労支援団体「かたつむり」のスタッフらが商品を届けた。

 アイーナは東日本大震災で緊急避難所となった経験から、計画的に食料品や生活必需品を蓄えている。今年は昨年と同じ備蓄食キット300個に加え、LEDライト100個も購入した。

 備蓄食キット「逃げた先にある安心。もしもの備え」は火を使わずに水だけで温かいご飯を作ることができる。昨年3月に発売し、県外も含めて約4000食分の注文を受けたという。かたつむりを利用する、障害を持つ人たちが作った。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 東証、一時1000円超安 新型コロナ感染拡大懸念で

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです