メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栗駒山麓ジオパーク

自然の脅威、風化させぬ 内陸地震複合崩落現場、ジオサイトに追加検討 /宮城

旅館「駒の湯温泉」跡に建てられた大規模複合災害を伝える看板。沢の対岸の崖は地震から11年になる今も崩れた跡を残す=宮城県栗原市栗駒耕英で

 栗原市全域を対象地域とする「栗駒山麓(さんろく)ジオパーク」の地形や歴史などを特色づける場所「ジオサイト」に、2008年6月の岩手・宮城内陸地震で7人の犠牲者を出した同市栗駒耕英地区の複合崩落現場を加えることが検討されている。今秋の再認定審査に向けた見直しの一環。東北5県で23人の犠牲者を出した内陸地震は「風化」が指摘されており、自然災害の脅威を伝えるために内陸地震最大被災地の追加が必要とされている。【山田研】

 ジオパークは、地質学的に貴重な地層や地形などを保全しながら、地球の成り立ちや防災を学ぶ自然公園。「…

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1103文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 九州北部・山口、観測史上最も遅い梅雨入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです