メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・くつろぎの宿

茅ケ崎館/上 「二番」愛した小津監督 自炊しつつ脚本次々と /東京

小津安二郎が愛した本館の中2階にある「二番」の部屋=茅ケ崎館で

 ◆神奈川県茅ケ崎市中海岸3の8の5

 JR茅ケ崎駅南口からコミュニティバス「えぼし号」で約8分。「サザン通り中央」バス停で降りる。脇道に入り、閑静な住宅街を歩くと、たっぷりの緑の奥に建物がわずかに見えた。

 今年6月に創業120年を迎える老舗旅館だ。意識していなければ気づかないほどに周囲になじみ、ひっそりとたたずむ姿は「隠れ家」のよう。かつて、松竹が近隣の大船(神奈川県鎌倉市)に撮影所を構えていたためか、その雰囲気が多くの映画関係者を引きつけてきた。

 その代表格が日本を代表する映画監督の小津安二郎(1903~63年)である。小津は37(昭和12)年…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文783文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです