メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

比較思想学会

西田幾多郎哲学館で初の開催 15、16日 /石川

比較思想学会の大会が初めて開かれる石川県西田幾多郎記念哲学館=石川県かほく市内日角で、岩壁峻撮影

 今年で46回目を迎える比較思想学会の大会が15、16日、かほく市の県西田幾多郎記念哲学館で初開催される。日本を代表する哲学者である西田の故郷に全国から研究者が集うことに、関係者は「哲学の新たな発信地になれば」と期待している。

 学会は東洋と西洋の思想を横断的に研究することなどを目的に1974年に設立。大会は年1回開かれている。頼住(よりずみ)光子会長(東京大大学院教授、倫理学)が以前に哲学館で講…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです