メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

「友情のペチュニア」 松川高から宮城・石巻へ 生徒30人が被災地訪問 /長野

宮城県石巻市に里帰りするペチュニアをケースに詰める生徒たち=長野県松町上片桐の松川高で

 「花という笑顔を東北へ」をテーマに県立松川高(松川町)のボランティア部と生徒会の約30人が6日、東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市からの種を校舎の前で育てた「友情のペチュニア」約1200株など支援物資をトラックに積み込み、被災地を訪問する準備をした。

 同校の被災地訪問は2012年から始まり、今回で8回目。…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 和歌山・有田病院 職員87人を新たに検査、全員が陰性 新型コロナウイルス

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです