メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海経済

家庭用太陽光発電FIT、11月以降終了 余剰電力買い取り争奪戦 企業参入相次ぐ /愛知

1月以降、家庭用太陽光発電の固定価格買い取り制度が順次終わり、各家庭は余剰電力の使い道の選択を迫られる(写真はイメージ)

 大手電力会社による家庭用太陽光発電の固定価格買い取り制度(FIT)の期間が11月以降に順次終了するのを見据え、中部電力や東邦ガスが余剰電力の買い取り受け付けを始めた。全国でも顧客の囲い込みを狙った企業参入が相次ぎ、争奪戦の様相だ。【三上剛輝】

 家庭用太陽光は2009年11月、発電した電力の余剰分を電力会社に買い取ることを義務づけた制度が始まった。期間は10年のため、今年から期限切れを迎える家庭が出始める。対象となる家庭は、売電先を新たに決めるか、電気自動車や蓄電池の活用により自家消費する必要がある。

 期限切れ後に発電した電力は「卒FIT」とも呼ばれ、各社が「卒FIT」を買い取る価格相場は制度開始当初の1キロワット時48円から下がるものの、よりメリットを感じてもらえるよう工夫する。

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いきものと生きる バッタ 海を渡る=五箇公一

  2. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  3. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  4. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです