メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前略おへその穴から/愛知

教えられてたものが急変=前川さなえ /愛知

 先日、息子いっくんが中学生になって最初の中間テストがありました。中間テスト! なんて懐かしい響き。初めての「テスト期間」も何をどうすればいいのかまだ分からないような状態だったので、ちょっと一緒に勉強を見ていました。

 社会のテスト範囲は地理。世界の諸地域や各地の気候区分などから習います。「人口や面積の多いところは覚えておくこと」と言われたらしく、「面積の一番広い国はロシア、2位はカナダ。アメリカは人口も面積も世界3位だね」と教えたら、「おかあさん、教科書には2番目に大きい国はアメリカ合衆国って書いてあるけど」って。なんだって!? 待って待って、おかあさん間違ったこと教えちゃいけないと思って、ちゃんとネットで調べてたんだけど?

 教科書を見せてもらうと、確かに面積の大きい国ランキングでカナダは4位。なんとこれが、今年度から変更…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文884文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  4. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです