メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前略おへその穴から

教えられてたものが急変=前川さなえ /愛知

 先日、息子いっくんが中学生になって最初の中間テストがありました。中間テスト! なんて懐かしい響き。初めての「テスト期間」も何をどうすればいいのかまだ分からないような状態だったので、ちょっと一緒に勉強を見ていました。

 社会のテスト範囲は地理。世界の諸地域や各地の気候区分などから習います。「人口や面積の多いところは覚えておくこと」と言われたらしく、「面積の一番広い国はロシア、2位はカナダ。アメリカは人口も面積も世界3位だね」と教えたら、「おかあさん、教科書には2番目に大きい国はアメリカ合衆国って書いてあるけど」って。なんだって!? 待って待って、おかあさん間違ったこと教えちゃいけないと思って、ちゃんとネットで調べてたんだけど?

 教科書を見せてもらうと、確かに面積の大きい国ランキングでカナダは4位。なんとこれが、今年度から変更になったとのこと。淡水域を除く陸地のみの面積へと数値の取り方が変わったらしく、カナダの面積が一気に90万平方キロメートルほど狭くなってしまったのだ。もう一度言うが、今年度から!

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです