メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほど脳

匂いで分かる てんかん発作、事前に予告か=中村克樹 /愛知

 てんかんという病気をご存じですか。意識を失うような発作を繰り返し起こす病気です。脳の中にある神経細胞は、必要な時に電気活動を作り出し、それを信号として情報を伝えます。そのため神経細胞は、普段はある規則性を持って活動しています。ところが、てんかん発作の時には、この規則性が突然乱れてしまい、制御できない激しい嵐のように電気活動が発生します。この嵐のような電気活動は、脳波の検査で分かります。

 てんかんは決して珍しい病気ではありません。厚生労働省の発表では、1000人中に5~8人の患者がいて、日本には合計60万~100万人の患者さんがいるそうです。乳幼児から高齢者まで何歳でもてんかんになる可能性がありますが、3歳までにてんかんになった人が一番多く、18歳までになった人が8割以上を占め、若い時期にてんかんになることが分かっています。

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1324文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相の被爆地あいさつ「文面が酷似」と怒りの声 官邸HP掲載の全文と同じ構成・表現

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. ORICON NEWS 眞島秀和、新型コロナ感染 13日からの主演ドラマは予定通り放送

  4. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです