メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

日本大会 ラグビーの町、心待ち ナミビア代表がキャンプ 上富田 /和歌山

芝のグラウンド、最新器具…日本代表も過去に合宿

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開幕が3カ月後に迫った。紀伊半島の小さな町が、4年に1度の祭典を心待ちにしている。過去に日本代表チームが合宿したこともあり、ラグビーによる町おこしを進めている上富田町。W杯が地域活性化の追い風になると期待に沸く。

 人口約1万5000人の上富田町に宿泊する観光客は年間約3万人。だが、美しい砂浜や温泉がある隣の白浜町の年間約190万人には遠く及ばない。「町の魅力PRが課題だった」。上富田町教育委員会職員で県ラグビー協会理事を務める滝本拓哉さん(32)は話す。

 町が目を付けたのがスポーツ合宿の誘致だった。1年を通して温暖な上富田町には高校ラグビーの公式戦でも…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです