メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人口動態統計

出生数91万8397人、最少更新 「自然減」初の40万人超え

 厚生労働省が7日公表した2018年の人口動態統計によると、合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子どもの数に相当)は1・42と前年を0・01ポイント下回り、3年連続で低下した。18年に生まれた子どもの数(出生数)は91万8397人(前年比2万7668人減)で、統計開始(1899年)以来の最少記録を更新した。

 死亡数は136万2482人(同2万2085人増)で戦後最多を更新。出生数と死亡数の差はマイナス44万4085人で、「自然減」は初めて40万人を超えた。減少は12年連続で、減少幅も年々拡大している。少子化が進む一方、急速な高齢化で死亡数が増え、厚労省は「今後も一定程度は拡大していく」とみる。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 黒川氏訓告 法務省は自衛隊処分例「把握」 森法相答弁と食い違い

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 夏の味覚・クロマグロ「脂が乗り刺し身がお勧め」 鳥取・境港で今年初の水揚げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです